翡翠買取の心得

翡翠の価格の基本的な知識

翡翠の価格の基本的な知識

翡翠の価格の基本的な知識 翡翠の価格は大きさだけでなく、色や産地で異なります。
翡翠は天然の色のままで綺麗な物は高価で、何らかの処理を加えたものは手頃で入手できるのが特徴です。日本で入手が可能な産地としては、ミャンマーの物が有名です。濃い目の緑色が人気があります。ラベンダー色は珍しいので、一般的に販売されている緑色より希少価値があるのが特徴です。国産の翡翠が一部流通していますが、かなり希少価値が高いの価格が高くなります。翡翠は専門店で購入すると、予算により探す事が可能です。非加熱の物は珍しく、愛好家に人気があります。この宝石は昔から中国などで好まれてきた石で、女性が財産の代わりに身につけた伝統があるのです。日本でも宝石として人気があり、おちついた印象から和装とあわせる方がおおくなります。一般的には緑色が多いですが淡い紫色はその優しい色合いから人気があるのです。指輪だけでなくネックレスやブレスレットに加工して販売されています。

翡翠のアクセサリーの相場はどのくらいなのか

翡翠のアクセサリーの相場はどのくらいなのか 天然石を用いたアクセサリーというと高価なイメージがありますが、石によっては手頃な価格でも購入可能です。ダイヤモンドやルビー、エメラルドなどは高価な宝石となりますが、アメジストや水晶、翡翠などは比較的手頃な価格で購入できるようになっています。
翡翠の場合、石の状態や大きさなどにもよりますが、指輪ネックレスや彫刻を施したペンダントであれば相場は2000円代から6000円代です。また小さめのペンダントヘッドのみであれば、1000円前後で購入可能な場合もあります。翡翠は風水のお守りとしても広く知られており、ブレスレットも人気です。丸い石が繋がったシンプルなブレスレットの場合、その相場は安いものであれば1000円代から2000円代となっています。一方で高価なものとなると1万円を超えるようになる他、大粒の玉が用いられている場合には5万円を超える高価なものもあり価格は様々です。パワーストーンとして取り入れる場合にはブレスレットが一般的ですが、翡翠に麒麟や観音様、龍などの彫刻を施したペンダントも人気があります。

copyright (C) 2018 翡翠買取の心得. All Reserved.